タグ:yukipann. ( 39 ) タグの人気記事

夏の思い出2018

d0281110_18104067.jpg


今日、やっと冬のコートやカーディガンを出しました。
少し前にお洋服の整理と片づけをして
衣装ケース6個分のもう着ない服を処分しました。
なので今ではもう
休日を潰してしまうような大変な衣替えはしなくてよくなって
ずいぶん楽になりました。

季節の変わり目に
ハンガーラックに架かってあるハンガーの
前後を入れ替えるだけです。

とはいえ、クローゼットに入って
温かそうな素材のお洋服が目に入ると
あぁ冬なんだなぁ~なんて
冬支度をした気分になっています。
(#^.^#)

。。。とその前に!
今年の夏のお話を。
少し季節感の無い「ひつじのパン日記」デス(笑)


ここ数年のyukipann.の傾向を見ると
夏の親子教室あたりから
じんわりじんわりと各種ご依頼が集中してくる
ような感じです。

夏には夏休みが。
秋にはイベントが。
冬は食欲が。笑

yukipann.を思い出してくださる方がいて
とても嬉しいです。

そんな夏休みの 夏!

保育園や幼稚園、小中高、各学校に通う子たちが
長期休みを利用して
yukipann.に来てくれます。
ゆきパンも毎年楽しみにしている
親子教室
子供教室
今年もにぎやかに開催できました。

参加してくれたみんな
ありがとーー!

今年は写真のような
米粉のちぎりパン
を大きな手や小さい手、たくさんの手で
こねこねと捏ねて
クラフトのトレーに並べて焼き上げました。

紅麹の天然色素で色付けをして
やさしいパンが焼き上がりました。

d0281110_18110635.jpg



お菓子のメニューは

フルーツサイダーゼリー

サイダーで作ったゼリーに
フルーツ入りのクラッシュゼリーをトッピング。

とってもかわいらしい夏のデザートでした。


d0281110_18112928.jpg


子供たちとパンやお菓子を作りながら
学校の話や頑張ってる習い事の話
好きな遊びや本や漫画やゲームの話
いろんな話題で盛り上がります。

なぜだか手を動かしながらだと
ポツリポツリと
いろんな話ができるような気がします。
不思議ですね。

毎日いろんなことに挑戦して
がんばってる子供たち。

yukipann.でパンを作って
夏の楽しい思い出になってくれてたら
ゆきパン先生は嬉しいよ
ヽ(^o^)丿

d0281110_18121344.jpg



お土産にいただいた
庭で採れたかぼちゃ

コアラのマーチ!
(なつかしすぎる~)

かわいくてなかなか
お口に入れられませんでした(笑)





コチラもさりげなく参加中デス
バナーをクリックするとランキングにジャンプします。


レシピブログに参加中♪


にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
にほんブログ村
「パンシェルジュ検定」検定なら日販の検定ポータルサイト [ 検定受け付けてます ]

by yukipu214 | 2018-11-10 23:05 | yukipann. | Trackback | Comments(0)

yukipann.ランチ 春

d0281110_00043886.jpg

毎日なんだか落ち着かないゆきパンです(汗)
なにがそんなにゆきパンを翻弄しているのかと考えてみるに。。。

。。。なんだろ??
((+_+))

いままでサラッと流していたようなことにも
ひとつひとつ丁寧に向き合い生活する。

そう思い始めて実践して。
まだそれに慣れていないんだな。きっと。

と、そんなことをぽつぽつと考えている2018年夏。
まだ暑くなる前のお話です。

「春のyukipann.ランチ会」

いつもパン教室にお越しくださってる
Eさんグループの皆さんで
yukipann.ランチを開催しました。



d0281110_00051818.jpg

まずは前菜の前のウェルカムドリンクを♪

シュワっとしたアルコールをお出ししたいところですが
お昼で車で来られているので
梅サワーのソーダ割りで乾杯!

この自家製梅サワー
2011年ものでした(驚)

そのおつまみに

キャロットラペ

キノコバター

鱈のブランタード
(鱈とジャガイモのパテ)

バターフィセルもいい感じに焼きあがってます。

d0281110_00053153.jpg

バゲットをつまみながらおしゃべりしてる間に

ゆで豚とエスニックサラダ
の生春巻き

を前菜にお出ししました。

d0281110_00054367.jpg

生春巻きはサッと水にくぐらせて

ゆで豚とパクチー入りのサラダを巻いて
ナンプラーで調味したタレにつけていただきます。

エスニックなスパイスを加えると
イマドキなランチになる気がします。



d0281110_17594981.jpg



メインのお料理のひとつ。

鯛の塩釜焼き!

石川県で獲れた天然真鯛
が手に入ったので
オーブンでじっくり焼きました。

d0281110_18000959.jpg


卵白と塩を混ぜた衣を木槌でかち割ると
いい塩梅に塩味のついた身が出てきます。

どこでお披露目しても
何度焼いても
必ず

「おぉ~~~!」

と歓声が上がる自慢料理です。

d0281110_00055690.jpg

ご飯は2種。
桜の塗りのお重箱にいれてお出ししました。

春っぽいでしょ?
(#^.^#)

中華おこわ と 菜の花寿司

d0281110_17591199.jpg

ベーコンで味付けした中華おこわはゆきパンの定番ご飯ものです。
金華ハムではないところがお手軽♪

菜の花寿司は
菜の花を一晩昆布で〆て散らします。
春の一品。

d0281110_00060848.jpg

リクエストが おでん だったので

ゆきパン家の春のおでんを。

鶏手羽と玉ねぎでだしを取ります。
あっさりさっぱりなおでんです。

おでんの時って揚げ物がつまみたくなりません?
ということで
エビ餃子とこごみの素揚げ。

鶏ひき肉とエビと大葉
我が家自慢の和風の餃子です。

d0281110_00045028.jpg
おしゃべりに花が咲いて
たっぷりしゃべってもりもり食べて。

いつもの製パンのお勉強はお休みして
食べる&喋るに専念して(笑)
なんだか身体も心もホニャホニャと柔らかくなっていきます。

デザートには
カヌレと、カマンベールで作ったチーズケーキを
珈琲と一緒にお出ししました。

デザートまで手を抜かず
きちんと美味しい

それがCafé yukipann.の信念ですから♪
ヽ(^o^)丿

d0281110_00070339.jpg


当日の朝に焼いたバターフィセル

d0281110_00082627.jpg


お持ち帰り用のチョコベーグル。

空間を整えて、お食事を準備して
yukipann.を満喫して気持ちよく帰っていただく。

お店を切り盛りするって大変だけど
やりがいのある仕事だなぁと感じます。

自分のこーしたいあーしたいを
形にできるのもいいな。

と、将来の夢を想いながら。
お開きになって
すこしガランとした我が家のダイニングで
余ったコーヒーを飲みながら
楽しい余韻に浸っていました。



コチラもさりげなく参加中デス
バナーをクリックするとランキングにジャンプします。


レシピブログに参加中♪


にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
にほんブログ村
「パンシェルジュ検定」検定なら日販の検定ポータルサイト [ 検定受け付けてます ]

by yukipu214 | 2018-07-23 17:40 | 料理 | Trackback | Comments(2)

食パンいろいろ

d0281110_18323520.jpg



コーンミールブレッド

コーンミール(トウモロコシの粉)をお粥のように煮て
お団子状になったものを粉の中に混ぜ込んで
生地を作ります。

のびやかでモチモチとした甘味のある
ゆきパンのお気に入りのパンです。

そのままでも美味しいんだけど
一日置いたものを厚切りにして
バターをのせてトーストするのが好きです。

d0281110_18325318.jpg



今までは大型の食パン型で焼いてたんですが

「厚切りで焼く」というのがポイントだということに
今さらながら気づき
型を小さくして焼くことにしました。

大きな決断&新たなる挑戦(笑)

作りやすくもなったので
夏のyukipann.レッスンメニューにも登場します!
お楽しみに!

d0281110_18331526.jpg



レーズンツイスト

シナモンがいい感じにきいています♪

「レーズンのおいしいパン」というリクエストで
yukipann.便で焼きました。

カチッとかっこよく焼き上がるところが気に入っています。

d0281110_18330646.jpg



いいあんばいでレーズンが散らばっています。
いつもハーフサイズで買ってくださる方へ。

d0281110_18334768.jpg



レーズンツイストはサンドイッチにもいいんです。

息子から珍しくリクエストがあって
サンドイッチを作る。

d0281110_18333603.jpg



レタス
卵焼き
ベーコンはこんがりと
トマト
きゅうり

マヨ&ケチャップ&マスタード

レーズンの甘さはベーコンの油と好相性。
シナモンのスパイシーな風味はマヨネーズの酸味と
調和します。


d0281110_18340213.jpg


お付き合いって難しいなぁ~

ゆきパン人生で何度も何度も繰り返し出てくる
フレーズです。
悩み とも言う。

それが親しい人でもそうでない人でも
他人でも家族でも
人と人がつながると
自然発生するものなのか。

まつもとクラフトフェアで出会った
凛とした佇まいの一輪挿し。

諏訪のお寺の身代わりの鈴。

民芸の蛙の置物。

君たちに問うても何も答えてはくれないけれど
だからこそ
こっそりと心の内を打ち明けたい。



コチラもさりげなく参加中デス
バナーをクリックするとランキングにジャンプします。


レシピブログに参加中♪


にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
にほんブログ村
「パンシェルジュ検定」検定なら日販の検定ポータルサイト [ 検定受け付けてます ]

by yukipu214 | 2018-06-26 19:00 | ゆきぱん | Trackback | Comments(0)

文章を書くこと

d0281110_16271857.jpg



ハンバーガープレート

いつかの晩ごはん。

自家製バンズ&ポークハンバーグ
お野菜たっぷり♪

ボロネーズ&パスタ

かぶとベーコン炒め
をトッピングしたサラダは
自家製コーンドレッシングでいただきます。

トマトのカレー風味のスープを添えて。

もちろん食べ盛りの男子
(なぜか3人いる我が家。笑)
はハンバーガーをおかわりしてました。

お腹いっぱい食べる幸せ
も感じてほしいから。

安心安全な食材で自分で作ったごはん
を心がけています。

d0281110_16291433.jpg



小麦胚芽の食パン

ミニサイズとミニミニサイズで焼きました。
サンドイッチにぴったりです。


このところPCからすこし離れていました。
携帯電話をスマホに変えたんです。

なかなか慣れずに
電話をするのでさえ四苦八苦してたんですが(笑)

写真もきれいに撮れるし
SNSにUPするのも楽チンだし
なんと便利な道具だなぁと
遅ればせながら楽しんでいます。

スマホ全般のことはチビに聞き
(スマホ先生)
LINEのことはちびちびに聞き
(LINE先生)
instagramのことはパン教室の生徒さんに聞き
(インスタ先生)
周りにいろんな分野の先生がいて
いろいろ聞きまくってお勉強しています(笑)


d0281110_16294485.jpg



ロールパン

教室のメニューでも
販売のメニューでも
人気のパンです。

やさしい甘さのあるパン生地がいいんです♪

卵サラダを切り込みに詰めて
卵サンドにしました。

ロールパンの卵サンドの時は
レタスとかきゅうりとか
野菜はあえて入れないのがいい。

たっぷり卵サラダを楽しみます。
(*^。^*)


それでね。
ゆきパンとyukipann.の情報発信
という意味合いで始めたSNSなので
どれか一つに絞るということをしないで
目的に合わせて使い分けたいなと考えました。

FBにもinstagram にもブログも
それぞれにつながりがありますからね。

FBは外から
instagramは内から
そしてブログは文章を中心に

大きく仕切りを付けました。
それだけでなんとなくすっきり。


d0281110_16295955.jpg



黒糖ロール

モラセスシロップも加えてこっくりとした甘味の
しっとりパンを目指しました。

もう少しで完成。

去年からずっと寝かせていたレシピが出来上がると
嬉しい。

d0281110_16302681.jpg

そしてマヨパン。
永遠に作り続けるんだろうな。
と永久の結びを誓ったパンです。
(ゆきパンの一方通行な想いですが笑)

子供の頃から日記やお手紙を書くのが好きだった
ゆきパンには
文章をぽつぽつと綴っていけるブログが
しっくりと落ち着きます。
そしてそれが自身の心の安定剤になっているのも確か。

書いたら落ち着くし心の中も頭の中も
すっきりと整理整頓できるんですよね。
不思議。
>^_^<


コチラもさりげなく参加中デス
バナーをクリックするとランキングにジャンプします。


レシピブログに参加中♪


にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
にほんブログ村
「パンシェルジュ検定」検定なら日販の検定ポータルサイト [ 検定受け付けてます ]

by yukipu214 | 2018-06-13 17:44 | ゆきぱん | Trackback | Comments(0)

d0281110_17433384.jpg
今年に入って少しずつ準備していた
少し大きなお仕事♪

ウェディングパーティーで
出席者の皆さんにお配りするプチギフトの
ご依頼をいただきました。

Aさんありがとうございました!

d0281110_17424781.jpg

お抹茶のフィナンシェをメインに

バナナのスコーン

くるみのロッシェ

ビスコッティ

紅茶のスノーボールクッキー

とセットにして75セット。
パーティーらしくラッピングして
お引渡ししました。

d0281110_17422134.jpg

焼き菓子それぞれの特性を考えて
ラッピングする袋の材質や乾燥剤の種類を変えています。

それぞれがそれぞれに美味しく食べていただけるように。

いつも一番に考えて作っています。

d0281110_17430466.jpg

新郎さんが手渡すギフトはモノトーンで

新婦ちゃんが手渡すギフトは
ドレスの色味に合わせたシャーベットトーンで。

細かなところにもこだわりました。

d0281110_17431480.jpg

パッケージの裏には
yukipann.名刺をアレンジした
原材料表示を入れました。

披露宴のお開きの時に
司会の方がyukipann.の紹介をしてくださると
お聞きして嬉しくなってこんな表示になりました(笑)

ご配慮ありがとうございました。
)^o^(

d0281110_17432333.jpg

かわいらしく出来上がったので
サンプル用のお菓子も同じパッケージにして
しばらく教室で飾っていました。

教室の生徒さんが見つけて
かわいい~♡といってくださるたんびに

うちのかわいい生徒さんがご結婚されたのよ~
なんてまるで親戚の子の結婚自慢をしていました(笑)

。。。というくらい
ゆきパンにとっても嬉しくて幸せなお仕事でした。

A君&Aさん♡
いつまでもお幸せに~
(#^.^#)

d0281110_17432333.jpg
そうそう。サンプルのお話。

yukipann.で焼いたお菓子やパンは
必ず余裕をもって焼いておいて

サンプル

を作って手元に置いておきます。

そしてお引渡ししたのと同じラッピングで
同じ状態に近いように保存します。

まずはお客様が食べるタイミングでゆきパンも試食。
どんな状態か確認します。

今回はご依頼主様ではなく、披露宴の出席者の方々が
食べるであろう日に(式の次の日とか)試食します。

そして賞味期限の日にまた試食。

そうして美味しさを確認して
ゆきパンの仕事が終了します。

d0281110_17435189.jpg

今回フィナンシェを80個焼いたので
卵黄が20個ほど出てきました。
(卵白のみを使う焼き菓子なので)

そこで別件で入っていた注文のパンは
卵黄をたくさん使うレシピのパンを選びました。

ミルヒブロート

卵黄と牛乳を仕込み水にしたリッチなパンです。


d0281110_17434305.jpg

前回よりもちょっと落ち着いたかな?
何度焼いても窯伸びが爆発します。

GW中の我が家の朝食パンにもなりました。

d0281110_17443272.jpg

ピンツァ

こちらも牛乳と卵黄とバターがたっぷり♪
卵黄7個!なんてこんな時にしか作れない~

でもこうやって材料を無駄にしないで使い切ることで
パンも焼き菓子も
どちらの価格も抑えることができます。

ついでにゆきパンも焼いてみたいパンが焼けて
みんながうれしい。

大きなお仕事を経験するとたくさんの学びがあります。
それをまた
毎日の教室や時々お受けするご依頼に活かしていきたいと思います。
ありがとうございました♡

コチラもさりげなく参加中デス
バナーをクリックするとランキングにジャンプします。


レシピブログに参加中♪


にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
にほんブログ村
「パンシェルジュ検定」検定なら日販の検定ポータルサイト [ 検定受け付けてます ]

by yukipu214 | 2018-05-21 18:29 | お菓子 | Trackback | Comments(4)

片づけてます。


d0281110_17494998.jpg

ベイクカップにパン生地を敷きこんで
ソーセージやベーコン、ナスやプチトマト
おまけにうずらの卵も詰め込んで
チーズをトッピングして焼きました。

むかしむかしに買って、よく作っていた
パンの本に載っていたレシピです。

いろんな具材が出てきて楽しいパンです。


断捨離
(だんしゃり)

もうずいぶん前から家の中の物の整理をしています。
ゆきパン、なかなか物を捨てられない性格で。

骨とう品やヴィンテージなど時代を感じる古いものが好き。
古着をリメイクしたりするのも好き。

なので古くなったものも
「また何かに使えるかも。」と思ってしまいます。

自宅でパン教室をしているので
お客様や生徒さんを迎える1階のリビングは
そうはいってもスッキリを目指して片づけていますが
引き出しの中やクローゼットの中には
結構な量の物がぎっちり詰め込まれていたんです。
(なにげにカミングアウト笑)


d0281110_17500118.jpg

なにがきっかけだったんだろう。

あれかな。薬の整理。

リビングのチェストの引き出しに
常備薬を入れてあったんですが
そういえば冷え取りを始めてから体調がよくなって
薬を頼らなくてもよくなってきました。

時々、熱が出たり、お腹が痛くなったり、と
不調はあるにはあるんですが

身体が不要なものを燃やしてくれてるんやな~
(発熱)

お腹の中に溜まった毒を出してくれてるんやな~
(下痢)

とそんなに慌てることなく
不調、即、薬、とはならなくなりました。

そんなことで
必要のない薬をすべて処分したら
引き出しの半分がきれいに空いて
そこにお出かけの時に持っていくハンカチを収納しました。

このハンカチの置き場所も前から気になっていて
今までは2階のタンスに入れてたんですが
着替えていざ出かけようと思うと
「あ。ハンカチ忘れた!」
と、取りに行くことが多くて。

気に入っているハンカチだけを残して他は処分して
1階のリビングのアンティークのチェストの
引き出しに収納する。

たったそれだけでなんだかとっても整った気持ちになったんです。


d0281110_17501408.jpg

京都 二条若狭屋 の 不老泉

お湯のみ1杯分の葛湯が箱に入っています。
箱にはきちんと薄紙がかけられて
また箱の絵が風情があってかわいらしい。

先日、京都に行ったときに買ってきました。

京都に限らず、昔からある和菓子って
素材もパッケージも
無駄なものがなくて潔いと思う。

そんな生活をしたいなと思います。


その薬とハンカチの片づけがきっかけで
なんというか
自分とモノとの関係に変化が生まれたようで
好きなものに囲まれて暮らしていきたいけど
もう少し空間にゆとりが欲しい
と思うようになりました。

(物が多すぎて)中に何が入ってるか把握できてない引き出し
よりも
すべてが見渡せて、入っている物を一つ一つ丁寧に扱える引き出し
を目指したい。

そうして
薬や化粧品など日用品から始まり
カバンや靴、お洋服やアクセサリー
本や思い出の写真や手芸の材料などなど
家中の物の見直しをしました。

びっくりするくらいの量の不用品が出てきたんですよ。
というか
まだこんなに物が詰め込まれていたんだ!
ということに驚きました。

d0281110_17502361.jpg



お片付け中のおやつ休憩に♪

熱湯を注ぐと、とろりとした葛湯の出来上がり。
かわいい形のあられが浮いてきます。
これはアヒルちゃん♡

美味しい葛湯をいただきながら想う。

こんなにたくさん不用品が出てきても
「お買い物はもうやめよう。」
とはならないゆきパン(笑)

そこをじっくり考えると。

ゆきパン、お買い物が好きなんです。

あ。かわいい。と出会った物や
いつかは手に入れたいなと憧れてる物
そんな物欲は無くならないし、なくしたくない。

だって好きな物や素敵な物、かわいい物に囲まれて暮らしたいんですもの。

だからこの先、ふと出会ってしまった素敵なお買い物を
気持ちよくできるためにも
迎え入れる引き出しに余裕をもっていたい
そんな風に思います。

そう考えると
家(自分の持ち物)って人の身体と同じだなと思います。

入れて出す。

毎日新陳代謝を繰り返して健康を保っていられるように
家もほどよく新陳代謝をして
正常な環境に保つことが
心地よく暮らせる家づくりなのかな。

d0281110_16294573.jpg



ずっと家仕事(片づけ)ばっかりしていたので
気分転換に、松本をぶらぶら。

中町通りに春夏秋冬のプリン屋さんができたんですね。
ごまプリンがドンとのったパフェ♪

気軽に入れる感じのカフェで
お散歩の合間の休憩にぴったりでした。


d0281110_17525849.jpg



そしてスクールのレッスンの復習。
ドーナツはやっぱり油で揚げるが一番♪

チョコナッツは
いままでカレボーで作っていたので
スクールのクーベルチョコのミルク感におどろき。

やさしい甘さでとっても美味しかった。

スクールに行って
帰ってから家で復習焼きをすると
いろんな発見があります。

新しい知識を得たり
自分のやってきたことが正解だったと自信を付けたり。
これが 学び なんだな。


コチラもさりげなく参加中デス
バナーをクリックするとランキングにジャンプします。


レシピブログに参加中♪


にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
にほんブログ村
「パンシェルジュ検定」検定なら日販の検定ポータルサイト [ 検定受け付けてます ]

by yukipu214 | 2018-04-24 18:09 | ゆきぱん | Trackback | Comments(0)

東京時間

d0281110_16331996.jpg



シューカスター

カスタードクリームをたっぷり包んだパンに
シュー生地をトッピングして焼きました。

「これ、ヤバいね。」
ちびちびがつぶやいたほど。
美味しく出来ました♪

d0281110_16333035.jpg


なんかシュークリームって 春 なイメージがあって
春のレッスンにデビューさせたいなと
冬の間何度も試作で焼いていました。

テキスト用の写真も撮って
そろそろyukipann.に出せそうです。

試作の試食にお付き合いくださったみなさん
ありがとうございました♪

d0281110_16333916.jpg


平日のゆきパンはだいたい
パン教室をして生徒さんをお迎えして
販売用のパンを焼いてお客様をお迎えして
新しいレシピを作ったり、その試作をしたり。
ひとり気ままなペースで、小さな世界で生活しています。

そして月に一度、朝一のあずさに乗って
東京の製パンスクールの講習を受けに行きます。

あずさの発車の時間に合わせて家を出て
講習の時間に間に合うように行き
講習に参加されてる先生方に交じって
スクールのスケジュールに則ってパンを焼く。
そんな「他者と自分を合わせる」時間を過ごします。

東京で過ごす時間は
意識を集中して気が引き締まる時間でもあり
少々窮屈な時間でもあり。。
通い始めて1年。
「自分」を出せているところもあれば
「合わせる」ことを優先させている時もあって
いつもとは少し違った一日が過ぎていきます。

d0281110_16342186.jpg


1月の講習で習ってきたパン。

ミルキーストライプ

甘くてミルキーなシートを折り込んでいます。

とてもおいしかったので
さっそくシートを注文して家でもすぐに焼いてみました。

このシート、とても扱いやすく
チョコシートの扱いが苦手。。という方や
バターの折り込みの練習にもってこい。だと思いました。

d0281110_16344701.jpg


ニューイヤーセミナーで習ったパン。

パン・ド・トゥドル

サフルヴァンを使ったハードパンです。

難しい成型でした。
捲れがイマイチ出ず。撃沈。
また練習しようっと。


東京のスクールに通うようになって
もう1年がたとうとしています。
電車の乗り継ぎにやっと慣れてきて
講習の流れもなんとなくつかめてきた感じです。

通う前は、
スクールで先生から教わったことを
一言一句間違わずにyukipann.の生徒さんに伝えなければ!
と意気込んでいたのですが。

一年経ってみて。
ゆきパンの意識は少し変わってきました。

東京での講習は
ゆきパンが学ぶ場所であって
ゆきパンの技術と知識を高める場なだけ。

そこで得たものを自分の中で消化して吸収して
それをゆきパンの手と言葉で
yukipann.のパンを作っていく。

けっして伝書鳩さんになってはいけないな。
と思いました。


d0281110_16343297.jpg

ミルキーストライプは
カットすると紅麹で着色したきれいなパンが出てきます。
うぐいす豆の甘納豆もゴロゴロと♪

スクールに通うことを決めた時
にいちゃんに
「こんだけやってきたのにまだ勉強することあるん?」
と呆れたようなびっくりしたような顔で問われましたが(笑)
深く深く掘り下げていくと
まだまだ知らないことだらけで、出来ないことだらけ。
製パン、ということだけでなく
「学ぶこと」とはそういうものなのかなと思っています。

春!
新しいことを始めるのにいい季節ですね♪
yukipann.の新規生徒さんを募集しています。
気軽にお問い合わせください。
「ひつじのパン日記」
ブログ、またはFBのコメント欄からどうぞ♪





コチラもさりげなく参加中デス
バナーをクリックするとランキングにジャンプします。


レシピブログに参加中♪


にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
にほんブログ村
「パンシェルジュ検定」検定なら日販の検定ポータルサイト [ 検定受け付けてます ]

by yukipu214 | 2018-03-14 22:20 | yukipann. | Trackback | Comments(0)

真冬のパン焼き


d0281110_11242170.jpg


毎日寒い日が続きます。
朝、道路の温度計が「-13℃」!
なんて表示をしているのを見ると
あぁ寒冷地に住んでいるんだなぁわたし。
と妙にしんみりとしてしまいます。

ロールパン

気温が上がらず降り積もった雪がまだ真っ白なまま
あちこちに残っている安曇野ですが
ふんわりと美味しそうに焼き上がりました。

つやぴかでころりんとした
かわいらしいが自慢のロールパンです。


d0281110_11295011.jpg

同じような成型ですが
これはごつごつとした印象の

クロワッサン

成型が終わるまで生地を発酵させず
サクッとした歯切れのいいクロワッサンを目指します。

バターの香りが幸せになる
クロワッサンです。

d0281110_11301509.jpg

新しいパンの道具が増えたんです。

発酵機

主に成型が終了したパン生地を
最終発酵するための機械です。

「え?今まで使ってなかったの?
パン教室やってるのに?」
と叱られそう。。。
(実際叱られました。先生に。汗)

発酵機を使うと
メロンパンもより一層ふわふわになります。

d0281110_11295964.jpg


安曇野は寒冷地で冬場はほんと
半端なく寒い。
そんな厳しい環境に住んでいても
パン作りを楽しんでほしい。
そしてできることなら
「パン作り」を趣味とか道楽ととらえるのでなく
食事、家事、生活の一部と考えて
普通の家に普通にある道具で
毎日ご飯を炊くのと同じように
パンを焼いてほしい。

そう考えて始めたパン教室yukipann.なので
発酵させるためだけの道具は
なかなか導入に踏み切れなかったんです。

でも最近はスクールのカリキュラムで受講される生徒さんが増えて
その方たちにはスクールの意思をきちんとお伝えしたい。
そう考えるようになってきて
とうとう発酵機を導入することにしました。

まぁ当然のことですが
ホイロが上手くいくと焼き上がりも味も格段によくなります。

1月と2月、毎年のように
「発酵が上手くいかない」と嘆いていたのがウソのよう。
始めから揃えておけばよかった。。。とも思ったけど。

発酵の温度と湿度と環境と
そんなことで頭の中をいっぱいにして
パン生地と温度計をにらめっこして
家中の「いい場所」を探して
オーブン皿を持ってうろうろしていた
あの悩める日々があって、今のyukipann.とゆきパンがある。
と思っています。

これまでの試行錯誤があったから
生徒さん一人一人の悩みに一緒に考えることができるし
たくさんの経験からアドバイスすることもできる。

「機が熟して」
発酵機が我がパン教室にやってきたのかな。
と今になって思います。

あ。写真のパンは クープノン
オリーブとチーズとバジルの風味のいいハードパンです。

d0281110_11293157.jpg

新しい仲間、発酵機を迎えて
発送用のyukipann.便を送りました。

1月と2月はyukipann.便の注文も消極的でしたが
これからは大丈夫!
ヽ(^o^)丿

いつでもご注文承ります!


d0281110_11294054.jpg


こちらは
年末に発送したyukipann.便でした。

テ・ベール・オレやかぼちゃのチーズケーキもいれた
賑やか便でした。

発酵機が来る前でしたので
最終発酵に悩みながら焼き上げた愛しいパンたちです。

Sさん♪いつもありがとうございます!!

さらに美味しくなった(と思う)
yukipann.便をお試しくださいね。

またお待ちしています~


コチラもさりげなく参加中デス
バナーをクリックするとランキングにジャンプします。


レシピブログに参加中♪


にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
にほんブログ村
「パンシェルジュ検定」検定なら日販の検定ポータルサイト [ 検定受け付けてます ]

by yukipu214 | 2018-02-08 15:04 | yukipann.便 | Trackback | Comments(0)

d0281110_18002524.jpg

レアチョコレートケーキ

ずっと前から
「チョコレートクリームをギュッと固めたような
レア感がたっぷり味わえるチョコレートケーキ」
を作りたいなと考えていて

レシピを探したりアレンジしたり
試作を続けてきました。

そーいえばあったんですよね。
そんなレシピが。
たしかスイスの製菓の先生レシピだったと思います。

でも
そのレシピ
たまごを生地作りの段階で湯煎で火を通したり
混ぜ方も独特で
その工程の一つ一つの意味が理解できず
封印していたレシピでした。

そこで昔勉強した教本を引っ張り出してきて
たまごの特性の項目を読み返して
理解を深めて
ようやくyukipann.のレシピを作りました。

ゆきパンのレシピ作りは
今までに自分が習ってきた講習会やレッスンがベースになっています。
そこに
ゆきパンなりの解釈も加え
今までの経験も重ね
yukipann.のレシピとしてレッスンしています。

先人たちの経験と知恵がたっぷり詰まった
大切なレシピです。

2月のヴァレンタインの気分で
この「レアチョコレートケーキ」が
お菓子メニューで登場します。

お楽しみに♪

d0281110_18003924.jpg



1月に試作をしていたので必然的に
ちびの成人の日のお祝いケーキもこの
レアチョコレートケーキでした。

大人の仲間入りにぴったりなケーキでした。

ブラックコーヒーによく合います。

d0281110_18043007.jpg



あ。ピンボケ(笑)

キャラメルアップルミルク
(変なネーミング!)

アップルパイのフィリングのリンゴを煮ると
キャラメルソースにリンゴ果汁が混ざったような煮汁がたっぷり出ます。
じっくりその煮汁がなくなるまで煮詰めるのがいいんだけど、ホントは。

急いでいるので半分くらい取り出します。
その煮汁に牛乳を加えて温めて。

キャラメルリンゴ風味の
ホットミルクが出来上がります。

ほんわかと温まって甘くって
なんだかホッとします。

アップルパイがオーブンに入っている間に
リンゴのホットミルクを飲みながら
「きれいに焼けるかなぁ~」とドキドキしながら待つ
この時間が愛おしい。

d0281110_18061235.jpg



成人の日に
いちごのスノーボンブ♪

注文をいただいて作りました。

お祝いの日にyukipann.のケーキも参加して
ゆきパンも一緒にお祝いさせていただいている気分です。


d0281110_18065610.jpg




スノーボンブはスポンジ量が多いケーキです。
なのでボンブ型でジェノワーズを焼くことに命を懸けます(笑)

あとは薄くクリームを塗り重ね、フルーツ(苺)をサンドして
ナッペのクリームも薄く塗ります。

そうすることでスポンジの優しい卵の味を
楽しんでいただけるのです。

世の中、クリームの味しかしないケーキって多いでしょ?
それとはちょっと違うケーキなんです。

注文くださったYさん、Sさんありがとうございました。
嬉しい感想もいただけて
ゆきパンも幸せです♡

d0281110_18100916.jpg


パンも載せとこ(笑)

クリームチーズを折り込んだ
スナックバー

もうちょっとスリムに焼き上げたい。
テキストと同じように作ってるのになぜだ。



コチラもさりげなく参加中デス
バナーをクリックするとランキングにジャンプします。


レシピブログに参加中♪


にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
にほんブログ村
「パンシェルジュ検定」検定なら日販の検定ポータルサイト [ 検定受け付けてます ]




第2回プラチナブロガーコンテスト

パン・スイーツ部門に参加します。

by yukipu214 | 2018-02-02 19:01 | お菓子 | Trackback | Comments(2)

d0281110_18002524.jpg

レアチョコレートケーキ

ずっと前から
「チョコレートクリームをギュッと固めたような
レア感がたっぷり味わえるチョコレートケーキ」
を作りたいなと考えていて

レシピを探したりアレンジしたり
試作を続けてきました。

そーいえばあったんですよね。
そんなレシピが。
たしかスイスの製菓の先生レシピだったと思います。

でも
そのレシピ
たまごを生地作りの段階で湯煎で火を通したり
混ぜ方も独特で
その工程の一つ一つの意味が理解できず
封印していたレシピでした。

そこで昔勉強した教本を引っ張り出してきて
たまごの特性の項目を読み返して
理解を深めて
ようやくyukipann.のレシピを作りました。

ゆきパンのレシピ作りは
今までに自分が習ってきた講習会やレッスンがベースになっています。
そこに
ゆきパンなりの解釈も加え
今までの経験も重ね
yukipann.のレシピとしてレッスンしています。

先人たちの経験と知恵がたっぷり詰まった
大切なレシピです。

2月のヴァレンタインの気分で
この「レアチョコレートケーキ」が
お菓子メニューで登場します。

お楽しみに♪

d0281110_18003924.jpg



1月に試作をしていたので必然的に
ちびの成人の日のお祝いケーキもこの
レアチョコレートケーキでした。

大人の仲間入りにぴったりなケーキでした。

ブラックコーヒーによく合います。

d0281110_18043007.jpg



あ。ピンボケ(笑)

キャラメルアップルミルク
(変なネーミング!)

アップルパイのフィリングのリンゴを煮ると
キャラメルソースにリンゴ果汁が混ざったような煮汁がたっぷり出ます。
じっくりその煮汁がなくなるまで煮詰めるのがいいんだけど、ホントは。

急いでいるので半分くらい取り出します。
その煮汁に牛乳を加えて温めて。

キャラメルリンゴ風味の
ホットミルクが出来上がります。

ほんわかと温まって甘くって
なんだかホッとします。

アップルパイがオーブンに入っている間に
リンゴのホットミルクを飲みながら
「きれいに焼けるかなぁ~」とドキドキしながら待つ
この時間が愛おしい。

d0281110_18061235.jpg



成人の日に
いちごのスノーボンブ♪

注文をいただいて作りました。

お祝いの日にyukipann.のケーキも参加して
ゆきパンも一緒にお祝いさせていただいている気分です。


d0281110_18065610.jpg




スノーボンブはスポンジ量が多いケーキです。
なのでボンブ型でジェノワーズを焼くことに命を懸けます(笑)

あとは薄くクリームを塗り重ね、フルーツ(苺)をサンドして
ナッペのクリームも薄く塗ります。

そうすることでスポンジの優しい卵の味を
楽しんでいただけるのです。

世の中、クリームの味しかしないケーキって多いでしょ?
それとはちょっと違うケーキなんです。

注文くださったYさん、Sさんありがとうございました。
嬉しい感想もいただけて
ゆきパンも幸せです♡

d0281110_18100916.jpg


パンも載せとこ(笑)

クリームチーズを折り込んだ
スナックバー

もうちょっとスリムに焼き上げたい。
テキストと同じように作ってるのになぜだ。



コチラもさりげなく参加中デス
バナーをクリックするとランキングにジャンプします。


レシピブログに参加中♪


にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
にほんブログ村
「パンシェルジュ検定」検定なら日販の検定ポータルサイト [ 検定受け付けてます ]















第2回プラチナブロガーコンテスト

パン・スイーツ部門に参加します。
by yukipu214 | 2018-02-02 19:01 | お菓子 | Trackback | Comments(0)