<   2018年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

幸せのかたち

d0281110_22042158.jpg

なんだか誰かが書いた本の題名のようですが(笑)

ここ最近、自分にとっての「幸せ」について
深く考えをめぐらせています。

そんなお年頃??

この夏、暑さが厳しかったでしょ?
ゆきパンの体力の無さ加減からいけば(笑)
冬眠ならぬ夏眠(?)していてもいいくらいで
動物園のシロクマさんみたいに
氷の贈り物を抱いて寝て過ごす。。。
くらいだったんですが。

ありがたいことに
yukipann.とゆきパンに声をかけてくださる方が
たくさんいてくださって
2018年夏
賑やかな日々を送っていました。


d0281110_22032825.jpg


そんな活動的なゆきパンを傍で見ていて
まぁ家族の皆さんは心配しますわな。
「あの、夏はだらだらモードのゆきパンが
なんか張り切っとる。」

そして言います。
「もう少し パン を休んでゆっくりしたら?」

ゆきパンは一人で考えます。
「ワタシ、どうしたいんだろー?」

何をしているときが一番幸せやなぁと感じるんだろ?

どんな状況になってしまった時が不幸だと思ってしまうんだろ?

そんな二つのことを同時に考えていました。

そしたらね。
d0281110_22014729.jpg

パン教室のご予約をいただいたとき
yukipann.のパンを食べたいと言っていただいたとき
ケーキの注文をいただいたとき

ちょっと難しいなと思ってたパンがきれいに焼けたとき
あ。こうすればもっと良くなるんだ!と発見があったとき
新しいレシピが完成したとき

ちょっと大変だったけどパン教室がうまくいったとき
タイトなスケジュールだったけど一つ一つを丁寧にできて
一日が丸く終わったとき
がんばったなぁと自分で思えたとき

パン中心の毎日だけど
家族のこと家のことが合間合間にさくっとこなせてるとき
。。。
ほんと、パンと教室のことばっかりで
申し訳ないけれど
ゆきパンが幸せを感じることです。

d0281110_22233146.jpg


じゃ不幸に、というか悲しく感じる時って?

まずは、パン教室がうまくいかなかったとき
自分の準備不足とか
その時の教室の調和をうまく作れなかったとき
そんな日は焼き上がりにも出てきてしまいます。
またそれを見てがっくりきたとき

疲れていて頭が回らなくてなんかドタバタして
落ち着かない一日だったとき

そしてそんなゆきパンを見て家族が心配して
ゆきパンの一番悲しいフレーズ
「すこしパンをおやすみしたら?」
が出てきてしまったとき

自分が一番幸せを感じて楽しい世界なはずなのに
周りの人に心配をかけさせてしまう。
そんなふうになってしまうことが悲しい。

でもそのことがきっかけで
家族は私のことを大切に思ってくれているんだなと
その「悲しい」言葉から感じ取れることが
幸せなのかもしれない。

幸せってあたりまえだけど人それぞれで。
「誰かの幸せ」をまねしたって幸せになれるかどうかはわからない。

もしかしたら自分でもびっくりするようなことに
幸せを見つけ出せるのかもしれない。

「私の幸せのかたち」

じっくりと自分に問う
いいきっかけになって
やっぱりパンを焼きながら
ぽつぽつと考えをめぐらせていました。

パン*「おさつロールのちぎりパン」
「丸いマヨネーズパン」
「グラハムトーストブレッド」
焼き菓子*「バナナの全粒粉スコーン」

コチラもさりげなく参加中デス
バナーをクリックするとランキングにジャンプします。


レシピブログに参加中♪


にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
にほんブログ村
「パンシェルジュ検定」検定なら日販の検定ポータルサイト [ 検定受け付けてます ]

by yukipu214 | 2018-09-18 18:58 | ゆきぱん | Trackback | Comments(0)