チョコレート王子

d0281110_22154413.jpg


チョコレート大好き。
キッチンの作業台にしている
イギリスのアンティークのチェストの引出しには
お気に入りのSHOPのチョコレートがいろいろ
隠されています{%顔文字ハートhdeco%}

このチェストには製菓製パンの細かい道具たちが
所狭しと片付けられていて
ゆきパン以外の人。。。ちびとかちびちびとか。。。
は怖ろしくて触れない。。。
(出したが最後元どうりには片付けられないから。。{%顔モジヒヤッ(シェイク)hdeco%})

ゆえにお宝の最高の隠し場所なのです。

その昔、楠本枝里子さん(なるほど・ザ・ワールドの)が
チョコレートが大好きで毎日かかさず食べてるって
お話されてましたが(たぶん。。。{%顔文字?hdeco%})

ゆきパンも負けないくらいのチョコ好き。

口の中に入れて
体温でとろりと溶けていく。。。
その甘くてなめらかで濃厚な舌触りと
鼻をすーっと抜けていくカカオの香り。。。

なんて完璧に私を魅了させるお菓子なんだろう。。。

でもチョコレートを扱う作業は実は苦手なんです。

チョコレート王子が高貴なお方過ぎて{%ハート(キラキラ)hdeco%}

{%顔文字?hdeco%}意味わかんないですね。

チョコレートは温度管理や湿度にも気を遣ったり
ちょっと気を抜いただけで
完成度が低くなってしまう気がして。

う~ん。それだけゆきパンにはハードルが高いスイーツなのです。

このチョコレートは「ラムボール」という
ラム酒漬けのレーズンが入った
トリュフチョコレートです。

いつも大雑把なゆきパンもチョコを前にしては
繊細な手つきで作業します。

レイアウトもかわいくしてみました{%ハート(キラキラ)hdeco%}

d0281110_22154499.jpg


繊細なチョコレートを扱ったあとで作ったケーキ。

フードプロセッサーでガーっと混ぜて焼くだけの
ベイクドチーズケーキです。

冬っぽく毛糸をリボンにしてラッピングしました。

「気軽な手土産になるケーキを。。」

との注文だったのでこんな感じに仕上げました。

ラフな気分が伝わって、
贈った相手の方もホッと気を抜けるといいな。

ランキングに参加しています。{%音符webry%}
バナーをクリックするとランキングにジャンプします。

d0281110_22153137.gif


d0281110_22153735.gif

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます{%メイドに変身!hdeco%}

クオカ/cuoca

↑おなじみパンの材料ならここ クオカ ですよネ{%一言・よろしくhdeco%}
トラックバックURL : https://hitsujipan.exblog.jp/tb/17351557
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yukipu214 | 2011-01-30 21:00 | お菓子 | Trackback | Comments(0)